BLOGBLOG

〒474-0025 愛知県大府市中央町2-100

愛知県大府市
中央町2-100

内視鏡検査の種類

定期的に内視鏡検査を行いましょう

内視鏡検査はファイバースコープを体内に挿入して、患者さんの食道・胃・十二指腸、大腸の中を直接観察できる検査です。
潰瘍(食道潰瘍、胃潰瘍、十二指腸潰瘍)炎症(逆流性食道炎、胃炎)腫瘍、がん(食道がん、胃がん、大腸がん)ポリープなどが診断できます。
胃のむかつきなどの不快感や血便がある方など、少しでも異常を感じたら内視鏡による検査を受けていただくことをお勧めしています。
現在症状がなくても定期的に検査を受けることで、がんなどの病気を早期発見することができます。
ピロリ菌検査も可能ですのでお気軽にご相談ください。

  • 大腸内視鏡(下部内視鏡検査)

    大腸内視鏡検査(下部内視鏡検査)は、大腸の粘膜の様子を直接観察することができ、 大腸ポリープの発見など、他の検査では発見できない微細な変化を捉えることができます。ポリープは放っておくとがんになってしまいますので早めに検査をして取り除きましょう。
    大腸がんは、他のがんに比べて早期発見時の治癒率が高いため、定期的に大腸内視鏡検査を受けて、早期発見、早期治療を行いましょう。
    ※大腸内視鏡検査はリニューアルオープン後の対応となります。

  • 胃内視鏡(上部内視鏡検査)

    胃内視鏡検査(上部内視鏡検査)は、食道・胃・十二指腸の様子を実際に見ることができ、潰瘍(食道潰瘍、胃潰瘍、十二指腸潰瘍)、炎症(逆流性食道炎、胃炎)、腫瘍、がん(食道がん、胃がん)、ポリープなどが診断できます。
    胃の不快な症状が継続している方や、過去に胃の疾患を患ったことがある方は健康管理を兼ねて定期的に検査をうけることをお勧めいたします。
    当院の胃内視鏡検査は、カメラ径が細く鼻からカメラを入れて検査ができる経鼻内視鏡にて行っています。嘔吐反射が強い方でもご安心ください。

こんな場合はご相談ください

  • 胸焼け
  • 腹痛
  • 胃のむかつき
  • 便の異常
  • 胃のつかえ
  • 便潜血検査で引っ掛かった人