BLOGBLOG

〒474-0025 愛知県大府市中央町2-100

愛知県大府市
中央町2-100

その他の検査について

大腸カプセル内視鏡

新たな大腸疾患の検査・診断機器として「大腸カプセル内視鏡」があります。大腸カプセル内視鏡は水と一緒に飲み込まれたあと、腸管内部を進みながら内蔵されている小型カメラで腸内を撮影していきます。
腸内で撮影した画像は記録装置に転送されるようになっています。
カプセル内視鏡は腸内通過による痛みがありません。また、通常の検査のように肛門から挿入しなくてもよいため、「恥ずかしい」「怖い」などの精神的負担が少ない検査です。

エコー(超音波検査)

エコーとは、人間の耳で聞こえる音よりも高い音(超音波)を使用して体の内部を観察する検査方法です。ゼリーを検査箇所に塗って、その上から端末器をあてて体の中を観察します。
苦痛が少ない検査ですのでお腹の痛みなど、少しでも気になることがあればお気軽にご相談ください。

健診で肝臓が引っかかった方もご相談ください

肝臓は胃など他の臓器と違い、痛みや違和感といった自覚症状が現れにくい部分です。
もし、健康診断で肝臓の項目が引っかかった場合は当院でエコーを行うことをお勧めしています。ウイルス性の疾患の場合は必ず治療が必要ですが、脂肪性の疾患の場合でも、放置しておくと脂肪肝、肝硬変、肝臓がんと、どんどん病気が進行していってしまうので、できるだけ早く正確な診断を行うようにしましょう。